生命保険 選び方  >  生命保険の選び方  >  夫婦の生命保険の選び方、どうしたらいいの?

夫婦の生命保険の選び方、どうしたらいいの?

夫婦で生命保険に加入する際のポイントについてまとめてみます。

結婚して夫婦になった場合、それまで加入していた生命保険を一度見直してみる必要があります。

ただ、そうは言っても、ご自分で調べて夫婦で最適な保険を選ぶのはなかなか難しいですよね。

最近はネット生保もシンプルでわかりやすいので各年代で人気。
従来の生命保険とネット生保で、それぞれメリット、デメリットがありますが、何をどう調べたら自分たちにぴったりの生命保険に加入できるのか?って、正直、わからないですよね。

「どんな生命保険がいいのかアドバイスが欲しい!」という場合は無料の保険相談を利用するのが良いと思います。ただ、相談するなら保険の実務経験があるファイナンシャルプランナーさんでないとダメ。

保険の最新事情にも精通している実力派のFPさんが相談に乗ってくれる窓口があります。しかも無料で。私も利用しました。

今はたくさんの生命保険の無料相談窓口がありますが、サービス体験者1,000人に聞いたアンケートでは95%の方が役に立ったと高評価の「保険マンモス」さんがいいかなと思います。
相談を受けてくれるFP(ファイナンシャルプランナー)さんに優秀な人が多いと評判です。だから満足度も95%と高いんでしょうね。


▼ 保険マンモスの無料保険相談はコチラ ▼

相談申し込み数の実績が13万人!他の無料の保険相談窓口よりもかなり多いのが支持されている証しですね。

【保険相談へ申し込み時のポイント】
自分にぴったりな保険を紹介してもらうためには、申し込み時に「自分と同じような境遇(条件)のFPさんを紹介して欲しい。」と、伝えておくとよいです。

例えば、「子供が2人で長男16歳、二男14歳で、両親を扶養している。」など。

ご自分に似た境遇(条件)のFPさんであれば、保険選びのポイントもかなり参考になるはずです。

相談されたお客様の声もチェックされると参考になりますよ。


▼ お客さまの声はコチラから ▼
保険マンモス⇒イラスト図表で保険料を
3〜4割安くする”ビジュアル生命保険サイト”


夫婦が生命保険に加入するときに考慮すべきポイントや注意点などについてまとめてみました。

夫婦の場合、夫婦の形によっても生命保険は変わってきます。
まず共働き夫婦で子供なしの場合、それぞれ別々の生命保険に加入した方が良いと言えます。
これは夫に万が一の事態、妻に万が一の事態が生じた場合にそれぞれの生命保険に及ぼす影響がないからです。
それぞれが独立している形になるので今までの生活の状態をキープすることが出来ます。

妻が専業主婦で子供なしの夫婦なら妻の生命保険は夫の家族特約で賄えます。
最近は家族特約が充実している生命保険商品も多いのである程度の死亡保障、入院保障は家族特約の方が安く済むのです。
ですが、女性特有の疾病にかかった場合保障されないことが多いのも事実です。
そのために専業主婦の方であれば女性特有の疾病に関する保障の生命保険に別に加入しておくことをお勧めします。

それぞれの夫婦に子供がいる場合は生命保険の保障額が変わってきます。
死亡保障であれば1000万円くらい必要になりますし、就業保障や学資保険機能の付いた生命保険を考えても良いと思います。

生命保険は以前であれば万が一の事態が起きた時の保障といったイメージでしたが入院保障などが充実してきたため、生きている時の保険に変わってきたと思います。
入院や手術になればまとまったお金も必要になるのでそういった時のために夫婦でしっかりと生命保険について考える機会を設けましょう。