生命保険 選び方  >  生命保険の選び方  >  住宅ローン借りると毎月の保険料は減らせる!

住宅ローン借りると毎月の保険料は減らせる!

ほとんどの方は、(一戸建て、マンションにかかわらず、)住宅ローンを借りると、
借入先の銀行や住宅金融支援機構などの保険に入ります。
この保険のこと団信、正式名称は団体信用生命保険と言います。

団体信用生命保険は、住宅ローン申込者に、もしものことがあった場合に、
借入先の金融機関へ住宅ローンの残金の保険金を支払います。

以後、住宅ローンの返済は不要になるので、住宅ローンを借りて団体信用生命保険に加入すると、その分の生命保険の必要保障額を減らすことができるのです。

具体的な金額で言うと、

生命保険の必要補償額の決め方(後編)で説明した式がありますよね?
そうです、↓↓↓この式です。
(18万円 + 10万円)× 12カ月 × 14年 = 4704万円

↑この10万円は家賃として計算していたので減らせます。
10万円 × 12カ月 × 14年 = 1680万円を必要保障額から減額すると・・・

ナント最初の必要保障額4704万円が3024万円に減額!

マイホーム購入で住宅ローンを組まれた方は是非、生命保険を見直されると月々の保険料が減額できるかもしれません。他の条件もあわせて見直しされると5000円以上節約された方もいますよ。

保険を見直しするには保険のファイナンシャルプランナーさん(以下 FPさん)に無料で相談できる窓口があるので紹介します。

>> おすすめの生命保険の無料相談

更に保険料を節約する方法や、保険の選び方を知りたい方は、上記で紹介している窓口3社を活用されるとよいですよ。全国規模ですし、相談したからと言って加入しなければならないことは一切ないのが安心。もちろん、しつこい勧誘なんてありません。

<保険の無料相談が利用される理由!>

自分で生命保険を選ぶと検討漏れがあったときに気軽に加入し直しができないですから、保険の専門家に相談された方が安全です。例えば、上記で紹介した中で最初の『保険マンモス』さんは【相談を受けた人が13万人、お客様満足度95%】と高評価を受けています。

相談に乗ってくれるFPさんが優秀なことが『お客様満足度95%』につながっているようです。自分では気づけないことを的確に判断してアドバイスしてくれるので安心です。

保険は「あ、間違えた!」と言って、入りなおせるものではないので、相談に乗ってくれるFPさんが優秀であることは正しい保険選びには必須です。

「住宅ローンを組んだのは随分前なんだけど、」という方も、節約できた額をみすみす損するよりも早めに相談された方がいいですよ。

今、加入中の保険を見直しが不要だったとしても、『現時点での保険の棚卸し』として無料相談を利用される方が増えています。

>> おすすめの生命保険の無料相談


「とりあえず、まだ保険の見直し相談はいいや、」という方は、下で紹介する保険市場さんのサイトで『現在、人気の保険』の資料請求だけでもしておくと勉強になるのでおすすめです。

保険市場さんは集計期間が1〜2週間前と直近なので、今の人気の保険がわかると好評です。人気の保険の月々の保険料、資料請求ができます。良かったらどうぞ。

▼ 人気の保険の比較はコチラ ▼

生命保険の保険市場
(保険市場さんのホームページに移動します)