生命保険 選び方  >  生命保険の選び方  >  がん保険 支払い対象にならないケース

がん保険 支払い対象にならないケース

がん保険についてです。
腫瘍ができても、すべてがん保険の支払い対象かというとそういうわけではありません。

厚生労働省「疾病・障害および死因統計分類提要」(※)においては、新生物(腫瘍)を、「良性新生物」・「上皮内新生物」・「悪性新生物」・「性状不詳の新生物」の4つに分けています。このうち「悪性新生物」はすなわち「がん」ですから、がん保険の支払い対象になります。

がん保険で、保険金の支払い対象になったりならなかったりする境目が、「上皮内新生物」か「悪性新生物」かの違いにあります。

人間の皮膚の奥には基底膜という膜があるのですが、それよりも皮膚の表面側(つまり浅い部分)にできるのが、上皮内新生物で、基底膜より深い箇所にできるのが悪性新生物です。

「上皮内新生物」の場合はがん保険の支払い対象外だったり、保険金額が少なく設定されるケースが多いですが、商品によってはどちらの場合でも同額の保険金が支払われるものもあります。

また、がん保険には一般的に免責期間(待ち時間)と呼ばれるものがあり、その間にがんと診断されても支払い対象になりません。この点も注意が必要です。

下のリンクから、複数の保険会社のがん保険の資料を無料で請求することができます。是非、活用してみてください。

▼▼ がん保険資料請求(無料)はコチラ ▼▼
がん保険 資料請求

(※)世界保健機関(WHO)が国際統計分類をもとに作成されたもので、統計調査や医療機関における診療記録の管理などに活用されています。