生命保険 選び方  >  個人年金保険について  >  個人年金保険の加入のポイント

個人年金保険の加入のポイント

老後の資金が心配、しかし公的な年金はあてにならないという人は、個人年金保険を検討しています。

個人年金保険を利用する際には、いくつか注意をしたいポイントがあります。

個人年金保険は、一定の期間が来ると、年金のようにお金を受け取ることができます。
しかし一方でそれまでに、保険料を納めていく必要があります。

将来いくら必要か?に注目し過ぎて、肝心の保険料を払うことで四苦八苦してしまうということがないように注意しましょう。

個人年金保険は保険料と支給額のバランスをうまくとること。

一定の期間が来ると、満期ということになって、年金の給付を受けることができるようになります。
そこで問題になってくるのは、いつから給付を受け取ることができるようにするかという問題もあります。

また、いつからということともらい方にも種類があります。

個人年金保険の保険金のもらい方

・一定の期間、定期的に受け取ることができる。
・満期が来たら受け取ることができるお金全額を受け取れる。

上記のどちらを選ぶかについてですが、お金がまとまって入ってくると不用意にに使いたくなってしまうという人もいるかもしれません。

その場合、老後のお金が早い段階で底をついてしまうというリスクを想定しないといけません。

そんな方には、一定期間定期的にお金を受け取ることができるタイプの個人年金保険に加入をしたほうがいいでしょう。

しかし、老後のお金を個人年金保険で貯蓄するのは、何か特定の理由でまとまったお金が必要だからというケースもあるでしょう。

その場合には、一時金で受け取ることも可能です。

個人年金保険の加入時に決めるべき3つのポイント

結局、今の資産状況から判断して個人年金保険に関しては次の項目を決める必要があります。

・どんな個人年金保険に入ればいいのか?
・いつごろから一時金を受け取ればいいのか?
・どのくらいの保険料にすればいいのか?

しかし、「自分で決めるには自信が無いなぁ」とお考えなら保険の無料相談窓口を利用されるとよいです。

相談者の94%以上の方が「相談してよかった!」と評価している、保険の相談窓口の会社を3社ピックアップしました。

それぞれの会社について特徴などを説明しておいたので良かったらチェックしてみてくださいね。

>> ぴったりの保険が見つかる無料相談