生命保険 選び方  >  生命保険見直すポイント  >  住宅購入時に見直す

住宅購入時に見直す

住宅購入時は生命保険の見直しのタイミングの一つです。

「住宅購入時には生命保険の見直しを保障額を下げましょう!」というのが常識的に言われていますが、鵜呑みにしてはいけません。

後述しますが、団体信用生命保険が適用されて住宅ローンがチャラになるのは住宅ローンの名義人が死亡した場合です。

長期間働けなくなって収入がないという『就業不能状態』では住宅ローンは払い続ける必要があります。ここが不安なところですよね。

ですが、お子さんが独立間近であれば教育費用の減額を検討して月々の保険料を下げる見直しも可能です。

「どのくらい下げられるか?」や「就業不能状態の特約を付ける?付けない?」に関しては、各ご家庭の資産や公的保障、お勤めの会社独自の保障もあるので一概には「これがベストです!」とは言えません。

これまで保険に加入されてから一度も見直しされてない場合は、一度、ファイナンシャルプランナー(以下 FP)さんに見直しの相談されると想像以上に保険料を節約できるかもしれません。

相談は無料ですし、もし別の保険を提案してもらったとしても加入義務は全くないので、ご家族のためにも一度相談を考えらたらよいと思いますよ。

>> 生命保険の無料相談はどこがオススメか?

住宅購入をしたときに見直すポイント

マイホームを購入することを、目標にして働いているという人も、多いかもしれません。
そして念願のマイホーム購入をすることができたとします。
このときに、もしすでに生命保険に加入しているのであれば、その保障内容を見直すことをお勧めします。
普通に働いている人の場合、住宅ローンから借り入れをして、住宅購入するケースも多いでしょう。
住宅ローンを組むのであれば、特に生命保険の見直しは必要になります。

住宅ローンに加入する場合には、団体信用生命保険というものに加入をしないといけません。
これは、もしも住宅ローンの借り手が、返済の途中になくなってしまった場合の対処策です。
もし、返済している人が、残債がある状態でなくなってしまった場合、団体信用生命保険から、保険金が出ます。
この保険金を使って、ローンの残債を完済することができるようになっているのです。
ですから、もしあなたが住宅ローンを抱えた状態で、なくなってしまったとしても、残された家族が、返済に追われることがないようになっています。
もちろん、あなたの購入した住宅で、残された家族は、引き続き暮らすことができるようにもなります。

そこで、生命保険をここで見直してみるのもいいでしょう。
まず死亡時の保障は、住宅ローンの団体信用生命保険とかぶりますので、保障金額を少なくしてしまってもいいでしょう。
住宅ローンを考慮にいれる必要はなく、当面の家族の生活費、子供がいる場合には教育費を確保できるような程度の保障にしましょう。

もし生命保険の死亡時保障を低くすることができれば、保険料を安くすることもできます。
ということは、住宅ローンの返済の負担も軽減することができるようになるわけです。

あとは各ご家庭の資産状況や、加入中の別の保険でかぶっている部分の保険を整理したりできれば、さらに月々の保険料を節約できるかもしれません。

これから消費税も上がりますし、もし少しでも保険料を節約したいなら、無料の保険相談を利用されるといいですよ。前述のとおり、提案された見直し案をしなければならないことはありませんので安心です。

しつこい勧誘もないのと、相談対応してくれるFPさんが優秀だと高評価の保険相談窓口をまとめておきましたので良かったらチェックしてみてくださいね。

>> おすすめの生命保険の無料相談


下記の保険シュミレーションは資料請求ができます。無料相談を受ける前に、上位3社くらいの資料を請求して冊子などに目を通しておくと無料相談が充実します。資料請求は無料なので利用されるといいですよ。

気になっている保険と年齢、性別を入力して「START」ボタンを押すと、今の最新の人気順の保険が並びます。(保険市場さん提供)

【保険料シミュレーションの使い方】
保険料を知りたい保険、年齢、性別を選んで「START」ボタンを押すと保険市場さんのサイトに飛んで、結果が表示されます。気になる保険があったらすぐに無料の資料請求もできるので、よかったらチェックしてみてくださいね。