生命保険 選び方  >  生命保険見直すポイント  >  子供が生まれた時に見直す

子供が生まれた時に見直す

子供が生まれたときが保険の見直しのタイミングなのは雑誌などで目にする機会がありますよね。

ですが、保険の見直しはどこから手をつけたらいいの? と思われる方が多いようです。そんな時は見直しや新規の保険加入の場合でも、無料の保険相談を利用されるといいですよ。

アドバイスしてもらった保険を必ず見直さないといけないことはありません。しつこい勧誘もないのでご安心を。

最近、ネットのクチコミで評価の高い保険の相談窓口を3つほどピックアップしたページを作りました。
高評価の理由は相談対応してくれるFP(ファイナンシャルプランナー)さんが優秀だからです。

・相談前にしておいた方が良いこと
・なぜ無料相談窓口がオススメなのか?

をまとめていますので良かったらご覧くださいね。お子さんのためにもこのタイミングで専門家の意見を聞いておくことは大切だと思います(*^_^*)

>> 生命保険の無料相談はどこがオススメか?

生命保険:子供が生まれたときに見直す場合

人生の中でも大きなポイントになってくることとして、子供ができたときというのは、無視することができません。
子供ができることで、あなた自身が養っていく人が一人増えることを意味します。
また、子供が配偶者とは大きく違うところがあります。

それは、子供の場合には生活費以外にも、教育費がかかるという点です。最近では、もし子供一人、大学まで卒業させるということになれば、2000万円程度はかかってしまうといわれています。

もしそのような中で、あなたにもしものことがあれば、残された家族は大変な負担を強いることになります。
ですから、今までにすでに生命保険に加入をしているのであれば、見直しをする必要があるでしょう。
特に死亡時の保障を充実させる必要があります。
もしまだ保険に入っていないという場合には、早めに生命保険に加入することをお勧めします。

すでに生命保険に加入している場合には、保険を上乗せする方法もあります。
定期保険に加入することで、死亡時の保障を手厚くするわけです。
そして、子供が独立するときに満期が来るようにすれば、負担の時期を限定することができます。

中には、自営業者やフリーランスで仕事をしている人もいるかもしれません。
この場合、あなたの身にもしものことがあった場合に受けることができる保障は限られています。
サラリーマンの場合には、公的な保障を受けることができますが、自営業者の場合には、それが難しくなってしまいます。
ですから、サラリーマンよりも、死亡時の保障を手厚くすべきでしょう。

また、入院保障についても手厚くする必要があります。
治療費がかかるということもありますが、もう一つ、あなたが入院をしていて、働くことができない間の収入ダウンということも想定しないといけません。

ざぁーと書いてしまいましたが、保険についてあまり詳しくない場合は保険の無料相談を利用して専門家にアドバイスをもらうのが一番と思います。無料ですしね。

大切なお子さんのことですから、自分で判断して間違えてしまったら困りますから。

相談の日を決める日は電話連絡があると思いますが、そのときに「子供が生まれるので保険を見直す」ことを告げておくと相談がスムーズに進みますので言っておいたほうがいいですよ。

>> 生命保険の無料相談はどこがオススメか?

下記の保険シュミレーションでは資料請求ができます。

無料相談を受ける前に、上位3社くらいの資料を請求して冊子などに目を通しておくと無料相談が充実します。資料請求は無料なので利用されるといいですよ。

気になっている保険と年齢、性別を入力して「START」ボタンを押すと、今の最新の人気順の保険が並びます。(保険市場さん提供)

【保険料シミュレーションの使い方】
保険料を知りたい保険、年齢、性別を選んで「START」ボタンを押すと保険市場さんのサイトに飛んで、結果が表示されます。気になる保険があったらすぐに無料の資料請求もできるので、よかったらチェックしてみてくださいね。