生命保険 選び方  >  持病がある方のため保険  >  持病がある方の保険の選び方

持病がある方の保険の選び方

病気でも加入できる保険が増えてきました。しかし、保険料が高い傾向にあります。持病がある方のための保険は次の3種類です。

(1) 一般の保険(保険料:普通)
(2) 引受基準緩和型の保険(保険料:少し高い)
(3) 無選択型保険(保険料:高い)

保険料が安いのは (1) ⇒ (2) ⇒ (3) の順です。持病がある方が加入しにくい順です。

持病がある方の保険は(3)無選択型保険 ですが、保険料は高いし保障額も少なくなります。

ですから、病状によりますが、まずは(1) ⇒ (2) ⇒ (3) の順に加入を考える必要があります。

しかし、加入条件、告知内容など保険の種類によっては複雑で自分で調べるのはなかなか難しいですよね。

わかりやすい説明と、加入申し込みできる保険アドバイスしてくれる専門家に相談されるのが間違いない選び方です。

「そんな専門家知りません!」という方がほとんどだと思いますが、無料でアドバイスをしてくれる相談窓口を利用すれば良いと思います。コチラからご覧いただけます。

>> 評価の高い保険の無料相談 3社
(本サイトの別のページに飛びます。)

↑このページで紹介している3社は相談に乗ってくれるファイナンシャルプランナーさん(以下 FP)さんが優秀なのでネットで高評価を受けている保険の相談窓口の会社です。

提案してくれる保険に加入しなければならないことはないですし、もちろんしつこい勧誘もないのでご安心を。

持病がある方の保険に関しては、保険の加入条件が厳しくなったり、人気の保険が販売止めになることがあるので早めに決めおいたほうが安心できます。

「また今度」にするとずるずると後回しになってしまいますので、今のうちに相談されることをおすすめします。

無料相談を申し込むと日程を決める連絡がありますので「持病があるが保険に加入したい」ことを伝えると、専門のFPさんが相談にのってくれるので、ぜひお伝えくださいね。

それぞれの保険の相談窓口の特徴も書いておきましたので良かったらご覧ください。

持病がある方の保険のポイント

通常、病気にかかったことがある場合には、生命保険に加入することができなくなってしまう可能性が高いです。
また基本的に生命保険に加入する段階で、健康であるということを前提にしている保険が多いということも理解しましょう。

しかし一部、大きな病気を患った後でも、加入することができる生命保険もあります。
また、現在病気療養中でも、加入申し込みできる生命保険もあります。

このような持病をお持ちの方のための生命保険のメリットは、通常保険に加入するときに必要になる、告知や医者の診察が必要ないということがあげられます。
最近では、テレビコマーシャルでもいくつかCMが流れているので、検討をしている人もいるかもしれません。

しかし、病気になっても加入できる生命保険は、条件的にはやや厳しくなることは理解しておきましょう。
まず従来の生命保険と比較すると、保険料は割高に設定されています。

最近の生命保険を見てみると、解約返戻金など、貯蓄という要素も伴っているタイプの生命保険も少なくありません。
しかし、病気になった人の生命保険は、一般的にはいわゆる、掛け捨て型の保険になっています。
ですから、生命保険を通じて、貯蓄をしていこうと思っている人にはマッチしません。

ただ、「生命保険に加入したいけれど、条件が…」と思ってあきらめている人は、上のようなタイプの生命保険は魅力ですね。

「まだ、何も検討してないからまずは資料が欲しい」という方は、下の【保険料シミュレーション】で資料を請求できます。「シニア保険」を選択して年齢、性別を入力して「START」ボタンを押してみてくださいね。

【保険料シミュレーションの使い方】

保険料を知りたい保険、年齢、性別を選んで「START」ボタンを押すと保険市場さんのサイトに飛んで、結果が表示されます。気になる保険があったらすぐに無料の資料請求もできるので、よかったらチェックしてみてくださいね。