生命保険 選び方  >  持病がある方のため保険  >  持病がある方の生命保険

持病がある方の生命保険

最近増えてきているのが持病がある方のための生命保険です。
本来、生命保険は万が一の場合に備えて加入する商品です。ですので既に持病がある、疾病状態の場合には加入できない場合がほとんどです。

生命保険の加入時には持病の有り無しを判断する医師による診断表が必要になります。ここで持病があると診断されれば生命保険への加入を断られることが多いのです。

しかし、最近では持病をお持ちの方の生命保険が増えてきました。
これは医師の診断が不要となります。その代わりに月々の保険料が他の生命保険商品に比べて割高に設定されています。

持病がある方にとっては、病状にもよりますが入院する可能性がないとは言い切れません。入院となれば莫大な費用がまとまって必要になりますが、生命保険に加入していないので支払えるかどうか不安ですよね?

ここは冷静に「生命保険に入るべきか?」「医療保険との組合せで同等の保障を得られないか?」を考えるべきかを含めて検討するべきです。ただ、「シニア保険」、「持病がある方のための保険」は保険料が割高で保障が薄い傾向があるので専門家に相談してアドバイスをもらった方が安全です。

「シニア保険」や「持病がある方のための保険」に詳しいFPさんが在籍している保険の無料相談会社を紹介しておきます。自分で判断した加入した結果、もらえるつもりだった保険金がもらえないという事例が、最近多いそうです。

下で紹介する保険相談は無料ですし、30社ほどの保険会社の商品から中立的に判断してアドバイスしてくれるので人気の無料相談の窓口です。コチラでおすすめの保険相談窓口を紹介しています。

>> 保険の無料相談 結局どこがオススメ?
(本サイトの別のページに飛びます。)

特定保険会社をひいきしてオススメするならこんなに人気は出てませんので安心です。また、提案してもらった保険に必ず加入しないといけないわけではないのでご安心を。

また、ここからシニア保険、持病がある方のための保険の解説を少々。

持病がある方のための生命保険の注意点としては、どんな持病でも入れる訳ではありません。
生命保険会社の審査があるので告知義務がありますし、加入時の持病については保障されないなどの条件もいくつもあります。

持病をお持ちの方にとっては生命保険に加入できるというのは大変喜ばしい話だと思いますが、条件等をしっかりと確認しておきましょう。一度加入し、加入期間が短いままに解約すれば違約金を取られることもあるので注意が必要です。

シニア保険、持病がある方の保険に関しては知らないと損することが多く存在します。自分で判断せずに、上記で紹介したような無料相談窓口を活用されるといいですよ。とても勉強になります。

無料相談窓口を利用する前に、資料を3社ほど請求して一読しておくと相談時に理解が深まります。下の保険シミュレーションで「シニア保険」を選択して年齢、性別を選択して「START」を押すと保険市場さんが集計して提供している人気の保険のランキングが表示されます。上位3社ほどを資料請求(無料)されるとよいです。