生命保険 選び方  >  20代〜60代の選び方  >  30代 生命保険選びポイント

30代 生命保険選びポイント

30代男性では結婚する方も増えてきて、また会社での立場も重要な位置につくことが多くなります。
そのため、生命保険についても一度見直しをしておくと良いでしょう。
新たに加入することも含めて、生命保険に加入するときに考慮すべきポイントについて紹介します。

【30代男性で独身の場合】

入院保障を充実させておく必要があります。
例えばマンション購入をした場合、団体信用保険に加入することになりますがその時保障されるのは死亡時のみです。
入院となれば就業できなくなる上にローン返済はありますし、入院費用も支払わなくてはなりません。
そのような万が一の場合に備えて医療保険には加入しておいた方が良いと言えるでしょう。

また、30代男性で多いのが複数の生命保険に加入しているというパターンです。
20代の頃に勧められるままにいくつも加入してしまったという方が多いのです。
無駄に保険料ばかり支払っている可能性もあるので一度しっかりと見直しして必要な保障のみを1つの生命保険にまとめた方が良いですね。

今、加入しすぎている方、逆に全く加入していない方も、自分にぴったりの保険を見つけようとするとかなりの勉強しないと判断が付かないですよね?

そういう場合は優秀なファイナンシャルプランナー(以下 FPさん)さんを紹介してくれる保険の無料相談の会社を利用するといいです。このページの下で紹介しますので、もう少し読み進めてくださいね。


【30代男性で既婚、子供がいる場合】

会社での立場も考慮して死亡保障や就業保障も充実させておくのがポイントです。
死亡保障は子供1人につき500万から1000万円くらいが相場ですが、子供の教育費も合わせて考えておく方が良いです。
大学進学時に合わせて解約すれば返戻金があるので学資保険と合わせて考えれば教育費を充実させられます。

住宅購入も多くなる時期なので家計診断をしながら生命保険を考えていくようにしましょう。

結局、自分にぴったりの保険ってどうやって選べばいいのか?

お子さんがおられる場合、おられない場合、持ち家がある場合、ない場合、また勤務先の会社が個別の共済などを持っている場合など、条件が複雑すぎます。だから「これがあなたに最適な保険です!」という保険を見つけようとすると、じっくり個別の条件、家族構成などをひとつひとつ考えていく必要があるんです。

正直、保険のことに相当詳しくないと、検討漏れがあったりしたら大変ですよね?

ここからは30代独身の方も既婚の方も同じなのですが、やはり、保険の専門家しかも特定の保険会社をひいきにしていない中立的なアドバイザーに意見をもらうのが1番です。

優秀なFPさんを紹介してくれると評判の無料の保険相談窓口3社を紹介します。
>> 生命保険の無料相談 結局どこがオススメ?

このページをご覧になっている方は30代ですからこれからいろいろなライフステージを迎えるわけです。保険の話は付きものですから、保険にうといままだとセールスマンに丸め込まれてしまいます。良いセールスマンに巡り合えたらいいですが、そうでないことの方が多いので最低限の知識を持っている必要があります!

ですから、保険を検討された良い機会なので、紹介した保険の無料相談に1社でも相談して、自分の知識の軸になるものを作られることをオススメします。

もちろん、保険の無料相談を受けたからと言って必ず加入する必要はありませんし、強引な勧誘もありませんのでご安心を。

私も無料相談を受けましたがかなり勉強になってよかったと思ってます。

【最後に・・】
無料相談を受ける前に、下記の保険シミュレーションで気になる保険と、年齢、性別を入力して「START」ボタンを押して人気の保険をリストアップさせてみてください。

上位3社くらいの資料を請求しておくと、勉強になる冊子をいろいろもらえるのでお得です。無料相談を受けるまでに少し知識をいれておくと、無料相談が有意義になります♪

【保険料シミュレーションの使い方】

保険料を知りたい保険、年齢、性別を選んで「START」ボタンを押すと保険市場さんのサイトに飛んで、結果が表示されます。気になる保険があったらすぐに無料の資料請求もできるので、よかったらチェックしてみてくださいね。