生命保険 選び方  >  生前給付型の保険  >  生前給付型保険のデメリット

生前給付型保険のデメリット

給付の理由がのうちガンについては「初めてガンと診断された場合」に限られるものがあります。

急性心筋梗塞や脳卒中の場合は、発病後の所定の事由(一定期間以上の症状の継続など)に該当しなければならないという条件がある場合があります。保険会社によっても若干差があります。

生前給付型の保険に関してのメリット、デメリットは各ご家庭の個別の条件があるので、保険の無料相談窓口で相談されるといいですよ。対応してくれるファイナンシャルプランナーさんは保険相談の実務経験がある方なので安心です。最新の保険の動向にも精通してくれているし、なにより無料で相談に乗ってくれます。私は、生命保険選びで迷ったときに保険見直し本舗さんで相談に乗ってもらいました。

紹介してもらった保険に入らないといけないこともないですし、強引な勧誘がなかったのでよかったです。
>> 保険見直し本舗さん

いろんなご家庭の保険選びの相談対応されてる経験があるので、指摘してもらったことも的確でわかりやすくてありがたかったです。自分では到底、考えが及ばなかったですから。

生前給付型の保険のメリット にも関連事項を書いておきましたのでご覧くださいね。