生命保険 選び方  >  養老保険  >  養老保険のデメリット

養老保険のデメリット

養老保険は生きていても亡くなっても保険金を受け取ることができる分、定期保険や終身保険より保険料が高くなります。

また、貯蓄性が期待できますが、途中で解約した場合の解約返戻金はそれまでに支払った保険料総額を下回る(つまり「元本割れ」する)恐れがあります。