生命保険 選び方  >  定期保険  >  定期保険のデメリット

定期保険のデメリット

定期保険は死亡保障のみのため、満期保険金はありません。また、解約返戻金は全くないか、あっても非常に少額であることが多く、その分保険料が安くなっているのです。

保険会社によっては保険期間が満了しても一定の年齢まで自動更新できる商品もありますが、更新の度に保険料が更新時の年齢で再計算されるため、将来にかけての負担は大きくなっていきます。