生命保険 選び方  >  こども保険(学資保険)

学資保険 選び方のポイント!知らないと損する?

学資保険ほどわかりやすい保険はありません。

結局、払い込んだ金額よりも満期で戻ってくる金額(返戻率)が多い保険が優良保険です。

では、一番お得な学資保険はどれ?
ということですが、これは100%保険の無料相談でファイナンシャプランナーさん(以下FPさん)に相談するのがベストです。

理由は最新の学資保険の動向を知っているからです。

逆に言うと、相談対応してくれるFPさんが学資保険に詳しくないと相談の意味ナシ。ですので、FPさんが優秀なので評判の保険の無料相談窓口の会社を2社紹介します。

飛んだ先のページは「生命保険」と書かれていますが、「保険マンモス」「保険アドバイザーズ」の2社はリクエストすれば学資保険に詳しいFPさんが相談対応してくれるのでご安心を。リクエストは相談日の確認の電話もしくはメールで要望すれば対応してくれます。

>> 学資保険 おすすめ無料相談
(「生命保険」と書かれていますが、学資保険も対応可能です。)


提案してもらった学資保険に必ず入らないといけないことはないので遠慮なく相談にのってもらうといいですよ。
ですので、3社で相談して一番納得いく提案をしてくれたFPさんの学資保険に入るのが良いです。しつこい勧誘などないので安心です。

相談にのってもらう前に、↓の保険市場さんで資料請求して、ざっと目を通しておけば無料相談時にFPさんの説明が良く理解できるのでおすすめです。

人気のこども保険・学資保険資料請求ランキング

大切なお子さんの学資保険(こども保険)のことですのでベストな選択をしたいですものね。


学資保険(こども保険)の加入ポイント

子供の将来のためを思って、学資保険に加入することを検討しているという人もいるかもしれません。
学資保険に加入する際には、以下のポイントをしっかりと押さえておく必要があります。

まずもし満期になった場合に、いくら受け取ることができるようにすればいいかということについて、考える必要があります。

このことを考えるときに、子供にどのような教育を受けさせるのかということをはっきりさせておく必要があります。
大学まで生かせるのか?効率の大学をターゲットにするのか、多少授業料がかかっても私立でもかまわないのかということを考えないといけません。

また、学校以外に、予備校や塾に通わせることもいとわないのかということでも、額が変わってきます。
さらに進学校と呼ばれる中学や高校にいかせると、公立のそれよりも授業は高くなるのが一般的です。
このように、どのような教育を子供に受けさせるかということで、かかるお金も大きく変わってきてしまうわけです。

できるだけ子供のために満期保険金を大きくと思うのは、親の心でしょう。
しかし保障が大きくなれば、保険料も高くなり、家計を圧迫します。
この両者のバランスをうまくとることです。

また満期保険金をいつ受け取ることができるようにするかも重要です。
現在、18歳満期と20歳満期、22歳満期の3種類がメインになっています。

一般的に子供にお金がかかるのは、大学時代です。
ということは、大学入学の18歳満期にするのが一般的です。

しかしタイミングによっては、大学関係のお金を支払うときに、満期保険金が下りない可能性もあります。
そこで、学資保険の中には、17歳満期というものをつけている場合もあります。
こうすることで、確実に大学入学時のお金を確保することができるようになります。