生命保険 選び方  >  死亡保障はいくら必要?

ケース別必要な死亡保障額

▼ カンタン!必要保障額の決め方 の解説▼
世界一やさしい?!生命保険の必要補償額の決め方

上記↑の説明では[36歳旦那さん、奥様:34歳 長男:10歳 長女:8歳]という家族構成を例にして説明していますが、基本は30代、40代、50代、60代・・・どの年代でも変わりありません。

要するに子供がおられるなら独立するまでの生活費、それ以外の家族の生活費を社会保険で補えない分が必要補償額(死亡補償額)になります。

一見シンプルそうですが、いざ保証額を算出しようと思うと個別の条件やケースがあって一筋縄ではいかないのが補償額決定の難しいところ。

正直なところ、保障額の決定、ひいては保険の見直しや新規加入に関しては実務経験のあるファイナンシャルプランナーさんに相談したほうが確かです。おすすめなのは「保険見直し本舗さん」

>> 【保険見直し本舗】

必要補償額を決める際の『個別ケース』の「絶対押さえておくべき点」、「気にしなくて良い点」の相談ができて、最適な保険選びのアドバイスをもらえます。保険の最新動向をきちんと把握してくれているので頼りになります。

50社の保険から最適な保険をピックアップしてくれます。契約実績が50万件なので相談の数はその2〜3倍でしょうか、安心感があります。

その「保険見直し本舗さん」のホームページの「お客様の声」が年代別に閲覧できて便利なので紹介しておきます。

>> 【保険見直し本舗】 <<
↑クリックすると保険の見直し本舗さんの公式ページが表示されます。

ホームページの真ん中の右よりに「お客様の声」というコーナーがあります。そこをクリックすると年代別のお客様の声をピックアップできるのでとても便利で参考になります。

保険の見直し本舗さんはココがすごい!

他にも保険の無料相談の会社はいっぱいあるんですが、保険の見直し本舗さんだけが、無料相談の体験者さんの声を年代別や相談した保険別にまとめてくれています。

だから、あなたが40代であれば、40代の方の保険についての相談や、FPさんのアドバイスの内容だけを読むことができるんです。他の無料相談の会社は体験者の声がひとまとめにしているので、自分に必要な内容をを探すまでに時間がかかってしまうんです。

保険の見直し本舗さんは強引な勧誘がないので安心ですし、50社もの保険会社から最適な保険を提案してくれるのが魅力です。取扱い保険数50社は保険相談の窓口会社の中でも最大。もちろん、提案してもらったからと言って加入しないといけないわけじゃないのでご安心を。

保険のことはついつい後回しにして忘れてしまいます。そして、大病を患ってしまい検討していた保険に入れなかった、、ということはよくあります。私の叔父がこのパターンでした。

家族のためにも、そうならないように、今、無料相談を申し込んでおくことをおすすめします。絶対、アドバイスもらった保険に入らなければならないことはないのですから、。保険の無料相談の申込みは上記の「保険の見直し本舗さん」のホームページでできます。

また、保険の見直し本舗さん以外のおすすめ無料相談の窓口はこちらに3社ほどまとめてあります。
>> おすすめ無料相談の窓口


「とりあえず、まだ保険の相談はいいや、」という方は、保険市場さんのサイトで今、人気の保険の資料請求だけでもしておいた方がいいですよ。保険市場さんは集計期間が直近なので、今の人気の保険がわかると好評です。人気の保険の月々の保険料、資料請求ができます。

▼ 人気の保険の比較はコチラ ▼
生命保険の保険市場
(保険市場さんのホームページに移動します)